コーチングにはさまざまな手法が存在しています。日本では「コーチングとはマネジメントや人材開発の一手法である」と誤解している人がまだ多いような気がします。
コーチングとは「よりよく生きたい」と願う個人の強い想いから生まれてもので、一度限りの人生、それを精一杯自分らしく生きてみたいという、人が本来根源的に持っている欲求に焦点を当てたものです。従ってコーチングはその個人の人生に関わるさまざまなイシューについて扱うものであり、そうである以上、小手先のテクニックでどうにかできるものではありません。
(コーチングバイブルより)        

ビジネスコーチングとは、人間の無限の可能性を信じ、一人一人の多様な持ち味と成長を認め適材適所の業務、目標を任せる持続的に発展する経営を実現するためにのコミュニケーションスキルです。
(入門ビジネスコーチングより)

コーチングとは、ある人間が最大限の成績を上げる潜在能力を開放することです。それはその人に教えるのではなく、その人が自ら学ぶのを助けることです。
コーチングとは、会話や人間としてのあり方と通じて、対象者が、本人の目標に向かって、本人の満足のいく方法で進むことを促進する環境を生み出す技術である。
(ティモシー・ゴールウェイ)