【第2回】

■■■■□-------------------------------------------------------------------◆
■■■□     人生ためになる三つのことば  第2回
■■□
■□      ビジネスコーチ/中小企業診断士 川北博史

------------------------------------------------------------2003/8/24--------◆

 ★三つの言葉★

     「気」・「機」・「器」
-----------------------------------------------------------------------------

皆さん、こんばんは。「三つの言葉」発行人の川北博史です。
今回から「コーチングの言葉」ということでコーチングに関する言葉も併せて
情報発信していきます。ぜひお楽しみください。

───────────────────────────────────
■メルマガの感想ありがとうございます。
───────────────────────────────────

★ノブさんからの感想

 剣道には、4つの言葉があります。
 なかに、打つ、つく、かわす と3つの言葉もありますが。

 この4つですが、力は最後なのですね。
 ビジネスでいうとどうなんでしょうか。
 交渉力とか、押しのつよさとか、それよりも大切なことがあるということだろう
 と考えております。

 また、

「一眼二足三胆四力(いちがんにそくさんたんしりき)」とは、剣道で大切なもの
 を順に並べた教えです。

  ●眼・・・「見の眼」ではなく「観の眼」のことです。ひいては「心眼」という
        レベルにまで達します。
  ●足・・・足さばきのことです。剣道の技術は「打つ・つく・かわす」で成り立って
        いますが、そのいずれも重要ですね。
  ●胆・・・胆力のことです。つまり、びくびくおどおどしない「肚」を寝ること
       が大切ということですね。
  ●力・・・いわゆる身体的なパワーです。これは腕の力ばかりではありません。

 ノブさん感想ありがとうございました。

───────────────────────────────────
■■■三つの言葉 「気」・「機」・「器」■■■
───────────────────────────────────

 人間が物事を行う上で大事な考え方です。

  自然の流れや心の動きを表すのが気ですが、調子に乗って一気に物事をやろうと
  すると、必ず失敗してしまいます。

  また機を見て行動しなければ成るものもなりません。

  さらに、人のアドバイスや誠意を受け入れる器量の大きさが大切で、自分の器を
  磨く必要があります。

  器量がたりないうちにそれ以上のことをやろうとすれば失敗するのは当然です。

   「自分の器」を大きくしていくための行動、皆さんはどうされていますか?
  

───────────────────────────────────
■■■コーチングの言葉■■■
───────────────────────────────────

  ★★「誰一人として間違っている人はいない」★★

  誰も間違ってはいない。
  何か人生での課題にぶつかったとき、この言葉を思い出してください
  人間は自分で自分の答えをもっている。
  もっというと自分で必ず答えを見つけることができる。
  自分に自信をもって、自分で答えを見つけて、自ら行動してみよう。

───────────────────────────────────
■■■お薦め書籍のご紹介■■■
───────────────────────────────────

  「失敗の本質」 日本軍の組織論研究   中公文庫

   戸部良一 寺本義也 鎌田伸一 杉之尾孝生 村井友秀 野中郁次郎

◆--------------------------------------------◆
  ビジネスコーチ/中小企業診断士
  川北博史
 ★ご意見お待ちしております★
 E-mail:hirokawakita@mx8.ttcn.ne.jp
 URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup/
◆------------------------------------------◆

●もしも解除される場合は、下記のページよりお願いいたします。
 http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup/ml/mt.html
 

バックナンバーはこちら