■■■■□--------------------------------------------------◆
■■■□     人生のためになる三つの言葉  第11回
■■□      
■□      ビジネスコーチ/中小企業診断士 川北博史

-------------------------------------------2003/10/26-------◆
★★ 今週の三つの言葉 ★★

     「運」「鈍」「根」
 
--------------------------------------------------------

今週の三つの言葉は近江商人たちの間で理念のようになっている
商売で成功する秘訣「運」「鈍」「根」です

「鈍」は鈍感の鈍

「根」は根性の根

「運」は運がよいの運 です。

近江商人いわく、人間は「運」が大事であると。

しかし、ただ「運」を待っているだけでは駄目で、
まず「鈍」であるべきで、馬鹿であることが大事である。
ズル賢く働くのではなく馬鹿に徹すること。
そして馬鹿に徹して、根気よく何度も繰り返すこと。
そうすれば運は開いてくる

失敗しても何度も何度もチャレンジすることで運は開いてくる。
勇気がでてくる言葉です。

さらに、これによく似た言葉で、
「明」「鈍」「根」という言葉があります。
「運」は明るい人のところに巡ってくるということだと思います。

─────────────────────────────────
■■コーチングの言葉■■
─────────────────────────────────

ビジネスコーチングを漢字三文字で表すと「信」「認」「任」となる
「信」・・「人間には無限の可能性がある」という人間に対する信頼
●部下を信頼する  ●部下の信頼を得る
「認」・・「相手の良いところを見て、心に留める」
 ●三つほめて一つ改善提案する
 ●一つに絞って改善提案する
「任」・・「仕事を任せることで仕事に対するやりがいが生まれる」
 ●任せないと育たない●任せて任さず(任せっぱなしにしない)
                「入門ビジネスコーチング」より 
─────────────────────────────────
■■お薦め図書■■
─────────────────────────────────

久しぶりのお薦め図書です。

「10億円を捨てた男の仕事術」
    マネックス証券CEO 松本大著 講談社

アクションを起こすことの重要性を痛感しました。
「仕事の優先順位を考えるな」
「とにかく量をこなせば人よりも先に行ける」
「何をやりたいかで悩まない」
などなど

私の今までの常識と違う考え方で参考になりました。

◆------------------------------------------------◆

  発行人:ビジネスコーチ/中小企業診断士
      川北博史
      E-mail:hirokawakita@mx8.ttcn.ne.jp
    URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup

◆------------------------------------------------◆

 ●ぜひお友達にもご紹介ください。
 ●もしも解除される場合は、下記のページよりお願い致します。
  http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup/ml/mt.html 
 Copyright (C) 2003 hiroshi kawakita All Rights Reserved