■■■■□--------------------------------------------------◆
■■■□   人生のためになる三つの言葉  第15回
■■□      
■□    ビジネスコーチ/中小企業診断士 川北博史

-------------------------------------------2003/11/23-------◆
★★ 今週の三つの言葉 ★★

 「理想」「構想」「独想」
 
--------------------------------------------------------

 堺屋太一さんは人生や経営において、
 「理想」「構想」「独想」の三想を持つことを
 提唱されています。

 ◆「理想」 人生や事業においてどこを目指しているのか
       何をしようとしているのか?

 ◆「構想」 それを実現するのにどのような方法で
       どのように進めていくのか?

 ここまでは通常はよく練られているのですが、

 最も重要な「独想」が抜けてしまいがちです。

 ◆「独想」とは

 「理想」と「構想」が、世間にありふれた建前やきれい事では
 なく、説得力があって、独自性のあるものに昇華したものです。

 その人、企業、組織のよりどころとなるのが「独想」ですね。

 もう一度、見つめなおして、

 私たち「独想」とは?? を問い直してみたいと思います。
  
─────────────────────────────────
■■コーチングの言葉■■
─────────────────────────────────

 「Why」ではなく「What」「How」で質問してみましょう。
 
 きっと、次につながる質問、前向きな質問になると思います。 
 
◆------------------------------------------------◆

  発行人:ビジネスコーチ/中小企業診断士
      川北博史
      E-mail:hirokawakita@mx8.ttcn.ne.jp
    URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup

◆------------------------------------------------◆

 ●ぜひお友達や社内の方に転送してあげてください。
 ●発行システムは「まぐまぐ」「melma」を利用しています。
 ●もしも解除される場合は、下記のページよりお願い致します。
  http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup/mt.html 
 Copyright (C) 2003 hiroshi kawakita All Rights Reserved