■■■■□--------------------------------------------------◆
■■■□     五臓六腑にしみる三つの言葉  
■■□      
■□    
-------------------------------------------2004/01/18-------◆
★★ 三つの言葉 ★★

      恥心・畏心・勇心

--------------------------------------------------------

 いつもご購読有難うございます。
 土曜日は雪などが降り寒さも厳しかったですが風邪など
 大丈夫でしょうか? どうぞお気をつけください。

 さて、今週の三つの言葉は中国古典からです。

 「陰隲録」という中国古典で、「陰隲」は「いんじつ」と読み
 天が人間の行為をみて禍福を下すといった意味だそうです。

 その「陰隲録」は、人間がよりよく生きるためには

 「恥心」・「畏心」・「勇心」

 の三つの心が必要だと説いています。

 すなわち

 「恥心」・・・自らの至らないところや未熟なところを絶えず
        省みて恥じ、精進し続ける心
 
 「畏心」・・・人間は成功したり、地位があがったりすると
        傍若無人になりがちであるが、それでも物事に対して
        畏れ敬う心

 「勇心」・・・果敢に物事に勇気を持って挑戦していく心

 成功者は誰でも「勇心」はもっていると思うのですが、この
 「恥心」・「畏心」はともすれば忘れがちです。

 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

 常に心に留めておきたい言葉です。
   
─────────────────────────────────
■■コーチングの言葉■■
─────────────────────────────────

 部下は三日にして上司をしり、上司は三年にして部下をしる。
  
◆------------------------------------------------◆

  発行人:ビジネスコーチ/中小企業診断士
      川北博史
      E-mail:hirokawakita@mx8.ttcn.ne.jp
    URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup

◆------------------------------------------------◆

 ●ぜひお友達や社内の方に転送してあげてください。
 ●発行システムは「まぐまぐ」「melma」「めろんぱん」
  を利用しています。
 ●もしも解除される場合は、下記のページよりお願い致します。
  http://www1.ttcn.ne.jp/~hcgroup/mt.html 
 Copyright (C) 2003 hiroshi kawakita All Rights Reserved