■■■■□--------------------------------------------------◆
■■■□     五臓六腑にしみる三つの言葉  
■■□      
■□    
-------------------------------------------2004/03/21-------◆

 「序」「破」「急」
 
--------------------------------------------------------

 いつもご購読有難うございます。
 今週は、わが国が世界に誇る古典芸能の一つである能・狂言の
 構成法に採用されている
 「序」「破」「急」という言葉をご紹介します。

 ■「序」−−演奏の出だしのことで、一定の拍子や
         ゆっくりとしたリズム、それらが組みあわされた
         導入部。
 ■「破」−−遊びの部分。リズムを変化させ、リズムで楽しく
         遊ぶ展開部分。
 ■「急」−−展開部分よりもさらに速くなりどんどん盛り上げ
         最後の力を振り絞り全力で演奏する終盤部分。   

 この構成法は、いろんな応用ができます。
 スピーチ、物語、シナリオや企画書などの構成を考えるとき
 
 ■「序」−−序論、つかみの部分、「起承転結」の「起」と「承」
 ■「破」−−本論、展開の部分、「起承転結」の「転」
 ■「急」−−結論、「起承転結」の「結」

 として応用が可能です。

 またおもしろいところでは、落語の世界もこの「序」「破」「急」
 が応用されています。
 
 ■「序」−−マクラ、本題に入る前に笑いのきっかけを創る。
 ■「破」−−くすぐり、筋運びを面白くする肉付け
 ■「急」−−オチ、下げのことで語呂合わせの「洒落オチ」など
 
─────────────────────────────────
■■コーチングの言葉■■
─────────────────────────────────

コーチングの基本モデル「GROWモデル」

 G:GOAL  −−−目標の明確化
 R:Reality  −−−現状・現実の把握
  :Resource−−−使える資源の検討
 O:Options −−−選択肢・可能性の追求
 W:Will    −−−目標達成意思の確認
               計画の策定

 コーチングで押させておかなけらばいけないポイントをわかりやすく
 整理したものがこの「GROWモデル」で、コーチングの際チェック
 ポイントとして活用するとよいモデルです。

◆------------------------------------------------◆
  発行人:ビジネスコーチ/中小企業診断士
      川北博史
      E-mail:info@5zo6poo.com
       URL:http://www.5zo6poo.com
◆------------------------------------------------◆

 ●ぜひお友達や社内の方に転送してあげてください。
 ●発行システムは「まぐまぐ」「melma」「めろんぱん」
  を利用しています。
 ●もしも解除される場合は、下記のページよりお願い致します。
  http://www.5zo6poo.com/mt.html 
 Copyright (C) 2003-2004 5zo6poo.com All Rights Reserved